ホーム » 日記 » シワは美容成分が浸透しないから起こる?

シワは美容成分が浸透しないから起こる?

■20代なのに40代に見えてしまう肌って?★
合コンで、見事ステキな殿方をゲットした友達に、その美肌の秘訣を聞いたところ
「敏感肌を治した」ことが大きいことが分かりました。

そこで、敏感肌を治すとどんな効果があるのか調べてみました。(☆∀☆)

まず、シワが目だっていたのもこの敏感肌のせいなんです。敏感肌は、実年齢より老けてみえる
ということなんです。

肌のバリア機能が弱っているため、外部刺激をダイレクトに受けてしまうのです。
それと同時に、水分蒸発が進むため、これが小ジワの原因だったというわけです。

このシワが、敏感肌が原因だったなんて!とにかく見た目年齢を若くしたいところです。
エイジングを意識し始める20代後半女性に、ある化粧品メーカーが調査したところ、
「同年代より老けてみえる気がする」という回答が多くきかれたそうです。

しかも、健常肌と敏感肌の見た目年齢には11歳もの開きがあることがわかったのです。
ということは・・・29歳の私は40歳くらいにみえている、ということですね。( Д ノ)ノ彡そんな!!

■化粧水を塗っても乾いてしまうときは?★
化粧水を塗っても、数分で乾いてしまう。いまいち馴染まない・・・。そんな悩みもあります。
実は、本来、お肌は油分で覆われているため、水をはじきやすいのです。

油溶性の保湿成分が配合された化粧水でケアするのがよいのです。素早く肌になじんでくれる上に、
美肌成分が肌の奥へと浸透してくれるのです。

それから、セラミドはよく美肌成分として知られていますが、これには色々な種類があります。
水分や油分をためこむ保湿効果や、外部刺激から肌をバリアしてくれる機能がセラミドのすごいところ。

本来、人間の肌にそなわっている成分なので、お肌にもやさしいのですが、質にこだわるなら
「ヒト型セラミド」がよいのです。

擬似セラミドや、合成セラミドなどは、人間のお肌の構造とは異なるので、効果もそれほど高くないのです。

それから、セラミドそのものの分子量が大きすぎると、肌内部まで届いてくれないという欠点があります。
ナノサイズ化されたセラミドなら、肌の奥まで浸透するので、保湿効果が倍増します。

■敏感肌でもシワが目立たないファンデーションって?★
忘れてはならないのが、日ごろ使っているファンデーションの見直しです。シワができると、その部分に
シワが埋まってしまい、かえって目立ってしまいますよね。o・゚・(゚ノД`悲)・゚・o

気になるシワによる凹凸や乾燥をしっかりカバーしつつ、保湿やUVカットなどのスキンケア成分が
配合されたファンデーションを使うことがオススメです。

最近は、下地いらずのBBクリームなどで簡単に印象を変えることができるので、敏感肌専用のBBクリームを使うことで
お肌が改善されるかもしれませんよ!

でも、そんな商品あるのかなぁ?と思いますが、実際にあるのです!詳しくは、次回ご紹介したいと思います。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。